藤野武彦のこれまで

  1. BOOCS公式サイト トップ
  2. 藤野武彦のこれまで(研究・業績)
  3. 1990年代の研究・業績

過去の研究・業績 (ご覧になりたい年代を選択してください。)

1990年代の研究・業績(原著、紀要、総説、資料・報告等)

原著

  • 1. 矢野和俊,蔵田恵美子,加治良一,江島準一,榎本克明,牧角和宏,有吉恭子,津田泰夫,金谷庄藏, 藤野武彦,仁保喜之,許斐儀七郎:慢性血液透析の循環動態に及ぼす影響-4年間の追跡-.胃と透析28: 935-938,1990.
  • 2. Enomoto,K.,Kaji,Y.,Mayumi,T.,Tsuda,Y.,Kanaya,S.,Nagasawa,k.,Fujino,T.,Nih-o,Y.,:Left ventricular function in patients with stable systemic lupus erythematosus. Jpn. Heart J. 32:445-453,1991.
  • 3. Enomoto,K.,Kaji,Y.,Mayumi,T.,Tsuda,Y.,Kanaya,S.,Nagasawa,k.,Fujino,T.,Nih-o,Y:Frequency of valvular regurgitation by color Dopper echocardiography in systemic lupus erythematosus. American J.Cardiol.67:209-211,1991.
  • 4. 津田泰夫,金谷庄藏, 藤野武彦,大村一郎,矢野和俊,山田賢典,加治良一,福岡義輔,何松啓志:アンジオテンシン変換酵素阻害薬リシノプリルの慢性心不全に対する長期投与試験.研究と臨床70:291-302,1993.
  • 5. Maruyama,T.,Hiramatssu,S.,Kishikawa,T.,Odashiro,K.,Morita,S.,Mori,T.,Lo,M.,
    Nagashima,R.,Kuruma,T.,Kaji,Y.,Kanaya,S.,Fujino,T.,Niho,Y.:Three-dimensional activation wavefront during propagation in thick strand. Jpn Heart J 35:265-266,1994.
  • 6. Yano,K.,Tsuda,Y.,Kaji,Y.,Kanaya,S.,Fujino,T.,Niho,Y.:Effect of on transmembrane currents in guinea pig ventricular myocytes. Possible evidence for positive inotropism. Jpn Circ J 58:836-843,1994.
  • 7. Nagashima,R.,Odashiro,K.,Morita,S.,Lo,M.,Mori,T.,Kuruma,T.,Maruyama,T.,Kaji,Kanaya,S.,Fujino,T.,Niho,Y.:Evidence for the existence of myocardial H+ -K+ ATP ase and its electrophysiological effect. Jpn Heart J 35:473-474,1994.
  • 8. Odashiro,K.,Morita,S.,Lo,M.,Mori,T.,Maruyama,T.,Kaji,Y.,Kanaya,S.,Fujino,T.,Niho,Y.:The investigation of possible cardiotoxicity induced by interferon in the Langendorffperfused rat whole hearts.J. Mol Cell Cardiol 26:225,1994.
  • 9. 丸山徹,江島準一,加治良一,津田泰夫,金谷庄藏, 藤野武彦:細胞イオンによる心筋の興奮伝導の修飾-興奮伝導安全率の重要性-.日本生理学雑誌56:415-424,1994.
  • 10. Kikuchi Y,Da Q,Fujino T Variation in red blood cell deformability and possible consequences for oxygen transport to tissue:Microvascular research47:222-231,1994
  • 11. Ejima J,Fujimoto M,Maruyama T,Kaji Y Tsuda Y,Ohtsuka T,Kanaya S,Fujino T, Niho Y:Thrombotic obstruction of the right coronary artery in a postoperative patient with bland-white-garland syndrome: Japanese Heart Journal35(1):87-94,1994.
  • 12. Maruyama,T.,Fujino,T.,Fukuoka,Y.,Tsukamoto,K.,Mawatari,S.: Notched T wave as evidence of autonomic nervous lability in Duchenne progressive muscular dystrophy. Jpn Heart J 36:741-750,1995.
  • 13. Ejima,J.,Kaneda,K.,Moriyama,H.,Ohmura,I.,Maruyama,T.,Kaji,Y.,Tsuda,Y.,Kanaya,S.,Fujino,T.,Niho,Y.:Coronary dilating effect of intracoronary nicorandil, Comparison with isosorbide dinitrate. Jpn Heart J 36:699-707,1995.
  • 14. Enomoto,K.,Imoto,M.,Nagashima,R.,Kaneko,T.,Maruyama,T.,Kaji,Y.,Tsuda,Y.,Kanaya,S.,Fujino,T.,Niho,Y.:Effect of ajmaline on non-sodium ionic currents in guinea pig ventricular myocytes. Jpn Heart J 36:465-476,1995.
  • 15. Ogaki,T.,Saito,A.,Kanaya,S.,Fujino,T.:Plasma sulpho-conjugated catecholamine dynamics up to 8th after 60-min exercise at 50% and 70%maximal oxygen uptakes. Eur J Appl Physiol 72:6-11,1995.
  • 16. 矢野和俊,加治良一,津田泰夫,金谷庄藏, 藤野武彦,仁保喜之,蔵田恵美子,許威斐七郎:慢性血液透析患者の左室肥大に関する心エコー図を用いた検討.胃と透析38:899-903,1995.
  • 17. 馬場裕三, 藤野武彦,加治良一,上畠茂幸,高柴哲次郎,佐々木勇之進,有田眞抗精神病投薬による低血圧に対するメチル硫酸アメジニウム(リズミック(R))の効果.薬理と治療23:983-991,1995.
  • 18. 小田代敬太,平松伸一,岸川敏介,守田俊一,森唯史,羅美 ,丸山徹,加治良一,金谷庄藏, 藤野武彦,仁保喜之:ランゲンドルフ潅流摘出ラット心を用いた心筋逸脱酸素漏出機構の解析.心臓の構造と代謝17:159-163,1995.
  • 19. 江島準一,金谷庄藏,丸山徹,加治良一,津田泰夫,藤野武彦,仁保喜之:多段階漸増運動負荷による赤血球変形能の変化.日本臨床生理学会雑誌26:217-222,1996.
  • 20. 丸山徹,守田俊一,羅美 ,榎本克明,加治良一,金谷庄藏, 藤野武彦,仁保喜之:心筋細胞間の電気的結合に及ぼすβ受容体刺激効果.心臓28:9-13,1996.
  • 21. 加治良一,柳統仁,丸山徹,金谷庄藏, 藤野武彦,仁保喜之,森唯史,佐々木靖,石原保之:心筋梗塞の危険因子、急性期死亡の危険因子.臨床病理44:1031-1036,1996.
  • 22. 車忠雄,長島隆一,丸山徹,加治良一,金谷庄藏, 藤野武彦,仁保喜之:健常者僧帽弁逆流の運動による変化. J Cardiol 27(suppl):51-55,1996.
  • 23. 平松伸一,柳統仁,大塚祥司,大西康,岸川敏介,小田代敬太,守田俊一,羅美 ,江島準一, 丸山徹,加治良一, 仁保喜之, 金谷庄藏, 藤野武彦:ホルター心電図計の急死例における心拍変動.心臓28(suppl):93-98,1996.
  • 24. 大塚祥司,柳統仁,小田代敬太,丸山徹,植田典浩,加治良一,金谷庄藏,藤野武彦,仁保喜之:DOCA高血圧ラットにおける再潅流不整脈の増悪機序.心筋の構造と代謝19:109-114,1997.
  • 25. Fujino T.,Tsutsui K.,Kanaya S.,Kaji Y.,Maruyama T.,La M.,Fukumitsu M.,Chijiiwwa T.,Sata T.:  Effect of short-term starvation on relief of “brain fatigue”and its application for obesity. Journal of International of Life Information Science6:284-287,1998.
  • 26. 永野純,藤野武彦,小牧元,久保千春:過食を伴う摂食障害患者に対するBOOCSの応用.心身医学38:423-431,1998.
  • 27. Fujino T.: Harmony in Men and Harmony in Women. Appl.Human Sci.17:153-155,1998.
  • 28. Odashiro K,Hiramatsu S,Maruyama T,Kaji Y,Kanaya S,Fujino T,Niho Y, Isoproterenol-induced creatine kinase leakage in langendorff-perfused rat heart associated with significant myocardial edema: Japanese Heart Journal39(4):513-525,1998.
  • 29. 丸山徹,岸川敏介,平松伸一,加治良一,金谷庄藏,藤野武彦:モルモット乳頭筋切除標本における興奮伝播の三次元解析の試み:   Jpn.J.Electrocardiology18:11-19,1998.
  • 30. Shimoike E,Ohba Y,Yanagi N,HIramatsu S,Ueda N,Maruyama T,Kaji Y,Kanaya S,Fujino T,NIho Y:Radiofrequency Catheter ablation of left ventricular outflow tract Tachycardia:Report of two cases: J Cardiovasc Electrophysiol9:196-202,1998.
  • 31. Ejima J,Kaneko T,Maruyama T,Kaji Y,Tsuda Y,Kanaya S,Fujino T,Niho Y,   Ishihara Y:Increased plasma epinephrine but not reduced heart rate variability leads to ventricular arrhythmias in patients with acute myocardial infarction Journal of Cardiology32(2):69-75,1998
  • 32. Fujino T.,Fujii M.,Zhang X.,Maruyama T.,Kaji Y.,Takayanagi S.,Kanaya S.,Ohkusu M.:Studies of Qi-Information System using Bi-Digital O-Ring Test (1)Effect of Consciousness on Qi-Information System. Journal of International of Life Information Science 7:163-166,1999.
  • 33. Fujino T. : Proposal of New Hypothesis for the Psychosomatic Treatment of Obesity and its Application. Fukuoka Acta Medica90(9):353-364,1999.
  • 34. 平松伸一,丸山 徹,加治良一,金谷庄蔵,藤野武彦,高杉紳一郎,仁保喜之 健常男性における温浴中の心行動態および自律神経機能の変化に関する検討 日本生理人類誌4:216-223,1999.
  • 35. Kishikawa T,Maruyama T,Kaji Y,Sasaki Y,Kanaya S, FUjino T,Niho Y, Ishihara Y:Effects of oral repetitive loading of disopyramide on acute-onset   atrial fibrillation with concurrent monitoring of serum drug concentration. Int J Cardiol68:57-62,1999.
  • 36. Mruyama T,Ueda N,Kaji Y,Kanaya S,Fujino T,NIho Y Na+-K+ Pump inhibition causd by chronic amiodarone in guinea pig Myocardium:Heart Vessels 14:216-223,1999.

症例

  • 1. 野村政壽、矢野和俊、山家滋、谷口修一、加治良一、藤本一眞、津田泰夫、原田実根、藤野武彦、仁保喜之、石原保之:著明な心嚢液貯留で発症し、心臓原発悪性リンパ腫と考えられた1例.心臓22(8):967-972,1990.
  • 2. 志田憲彦、矢野和俊、加治良一、岡村孝、津田泰夫、仁保喜之、川内義人、徳永一、金谷庄藏、藤野武彦:術前のKent束部位診断に2方向Mモード心エコー図が有用であったWPW症候群の1例.心臓22(9):1080-1085,1990.
  • 3. Ejima,J.,Ohmura,I.,Kaji,Y.,Tsuda,Y.,Kanaya,S.,Fujino,T:Diffuse endocardial th-rombus in left ventricle associated with a case of hypereosinophilic syndrome.Jap.Heart.J. 32(2):267-272,1991.
  • 4. Ejima,J.,Fujimoto,M.,Maruyama,T.,Kaji,Y.,Tsuda,Y.,Otsuka,T.,Kanaya,S.,Fujino,T.,Niho,Y.:Thrombotic obstruction of the right coronary artery in a po-stoperative patient with Bland-White-Gerland syndrome.Jap.Heart.J.35(1):87-94,1994.
  • 5. 加治良一、平松伸一、岸川俊介、小田代敬太、守田俊一、羅美、森唯史、丸山徹、金谷庄藏、藤野武彦:稀有心房粗動に対する高周波カテーテルアブレーション.心臓ペーシング.11:587-591,1995.
  • 6. 牟田毅、永島隆一、車忠雄、森唯史、丸山徹、加治良一、権藤久司、金谷庄藏、藤野武彦、仁保喜之:抗生物質の投与にて脾腫および汎血球減少の著明な改善を認めた僧帽弁閉鎖不全症の1例.心臓.27:530-535,1995.
  • 7. 下池英明,久間文明,金谷英樹,小池明広,植田典浩,丸山 徹,加治良一,金谷庄蔵,藤野武彦,仁保喜之   キアリ網にトラップされたガイドワイヤーを心腔内エコーで観察し得た1例   超音波医学会第72回学術集会プログラム講演抄録集26:596.1998.
  • 8. 金谷英樹,吉村大輔,小池明広,久間文明,下池英明,柳 統仁,大西 康,植田典浩,野崎雅彦,丸山 徹,加治良一,金谷庄蔵,藤野武彦,仁保喜之,津田泰夫:右室流出路起源特発性心室性期外収縮により心室細動をきたした一例   心臓31(4):72-77.1999
  • 9. 小池明広,金谷英樹,岡素雅子,大庭百合賀,下池英明,柳 統仁,大塚祥司,大西 康,植田典浩,野崎雅彦,丸山 徹,加治良一,仁保喜之,金谷庄蔵,藤野武彦   Atriofascicular connection が考えられた後中隔潜在性副伝導路による発作性   上室性頻拍の1例:不整脈15(4):428-432,1999.
  • 10. 大庭百合賀,下池英明,久間文明,小池明広,金谷英樹,柳 統仁,大塚祥司,大西 康,植田典浩,野崎雅彦,丸山 徹,加治良一,金谷庄蔵,藤野武彦,仁保喜之   ホルター心電図からみた右室流出路起源の心室性不整脈の発生機序の検討   心電図19:344-350,1999.
  • 11. 下池英明,大庭百合賀,植田典浩,丸山 徹,加治良一,金谷庄蔵,藤野武彦,仁保喜之:弁組織を介した高周波通電による心筋焼灼巣の基礎的検討   不整脈15:324-328,1999.
  • 12. 下池英明,植田典浩,丸山 徹,加治良一,金谷庄蔵,藤野武彦,仁保喜之   左室流出路起源性特発性心室頻拍の発生に及ぼす自律神経活動の影響についての検討  心電図19:16,1999.
  • 13. 岡本和彦,岸川敏介,丸山 徹,植田典浩,加治良一,金谷庄蔵,藤野武彦,仁保喜之,石原保之:発作性心房細動に対するDisopyramide 反復経口投与の試み   Life Science Publishing21(4):869.1999.

紀要

  • 1. 榎本克明,江島準一,牧角和宏,真弓 武,加治良一,津田泰夫,長沢浩平,金谷庄蔵,藤野武彦:全身性エリテマトーデス(SLE)における弁逆流の頻度とその意義-カラー・ドプラー法による検討-:日超医誌 369-370,1990
  • 2.金子武生,星井 尚,榎本克明,江島準一,牧角和宏,加治良一,津田泰夫,金谷庄蔵,藤野武彦:心エコーを用いた心臓・管系の自律神経制御に関する研究(第1報):日超医誌 395-396,1990
  • 3.村津和正,藤野武彦,柳川 尭:圧に及ぼす歯牙喪失の影響   口腔衛生学会雑誌40:414-415,1990
  • 4.榎本克明,江島準一,牧角和宏,真弓武仁,加治良一,津田泰夫,金谷庄藏, 藤野武彦:心エコー図を用いた心臓・血管系の自律神経制御に関する研究  (第1報):日超医誌56:395-396,1990.
  • 5.江島準一,榎本克明,牧角和宏,加治良一,津田泰夫,金谷庄藏, 藤野武彦,石原保之:急性心筋梗塞における心エコーとR-R間隔変動係数との関係:   日超医誌56:521-522,1990.
  • 6.星井尚,牧角和宏,金子武生,江島準一,加治良一,津田泰夫,金谷庄藏,藤野武彦,石原保之:心エコー図による運動時の心機能評価-微小循環との関連-:    日超医誌57:269-270,1990.
  • 7.吉原幸治郎,平松義博,鍵山裕,福間道雄,後藤郁郎,金谷庄藏, 藤野武彦:   糖尿病の心エコー図による心機能評価-運動負荷の応用-:   日超医誌57:275-276,1990.
  • 8.江島準一,加治良一,金谷庄藏,津田泰夫,大柿哲朗,藤野武彦:   自転車エルゴメーター運動負荷時及び水泳時における血液生化学動態の比較およびαブロッカーの効果.健康科学12:115-119,1990.
  • 9.金谷庄藏,江島準一,加治良一,有吉恭子,金子武生,星井尚,津田泰夫,藤野武彦:   運動の血液レオロジーに与える影響 -軽い運動は、赤血球変形能をよくするか?-(予報).健康科学12:121-124,1990.
  • 10.藤野武彦,金谷庄藏,有吉恭子,牧角和宏,加治良一,津田泰夫,大倉洋甫:   醸造酢固形成分の血清コレステロール、赤血球変形能に及ぼす効果:   健康科学12:139-141,1990.
  • 11.藤野武彦,堀田昇,大柿哲朗,金谷庄藏,小宮秀一,中島敏郎:   肥満に対する新しい食餌療法の試み.健康科学13:185-188,1991.
  • 12.江島準一,金谷庄藏,下田和哉,津田泰夫,岡村精一,藤野武彦,仁保喜之:   運動による循環白血球増多とG-CSFとの関係.健康科学13:35-40,1991.
  • 13.大柿哲朗,藤野武彦,金谷庄蔵,牧角和宏,高岸達也,張 愛倫,楊 逸民,張 家麟:新彊ウイグル自治区のウイグル族およびカザフ族の形態および最大酸素摂取量:健康科学13:67-75,1991
  • 14.村津和正,藤野武彦,柳川 尭:   圧に及ぼす歯牙喪失の影響 第2報 部位特異性について:   口腔衛生学会雑誌41:548-549,1991
  • 15.村津和正,藤野武彦,柳川 尭:歯牙の自律神経に及ぼす影響   日本歯科評論584:101-123,1991
  • 16.有田 眞,伊東盛夫,佐伯和之,藤野武彦:   不整脈の成因と治療-最近のトピックス-:臨床と研究68(8):227-233,1991
  • 17.牧角和宏,車 忠雄,永島隆一,金子武生,星井 尚,江島準一,津田泰夫,金谷庄蔵,藤野武彦:心エコー図諸指標の民俗差に関する研究(第一報)   -中国少数民俗における検討-:日超医誌 419-420,1991.
  • 18.村津和正,藤野武彦,柳川 尭   圧に及ぼす歯牙喪失の影響 第3報 部位特異性について(その2)   口腔衛生学会雑誌42:424-425,1992
  • 19.加治良一,金谷庄藏,車忠雄,永島隆一,星井尚,金子武生,江島準一,津田泰夫,藤野武彦,川内義人:   Carbo Medics 弁変換後に見られる異常血流エコーについて:   日超医誌. 60:155-156,1992.
  • 20.堀田昇,大柿哲朗,金谷庄藏,藤野武彦:食事療法による減量(第2報):   健康科学14:19-23,1992.
  • 21.村津和正,藤野武彦,吉川和利,堀江純司:生き生き老人健康調査における歯科学的考察(第2報)-DNP、大臼歯の数、歯周組織の状況、及び歯牙の動揺度について.健康科学14:43-47,1992.
  • 22.吉川和利,村津和正,藤野武彦,小宮秀一,藤島和孝,斉藤篤司:歯科機能の老化と体格・体力の関連について-男子高齢者の場合-.健康科学14:49-57,1992.
  • 23.藤野武彦,金谷庄藏,加治良一,大柿哲朗,堀田昇:醸造酢より抽出された固形成分の血中脂質に及ぼす影響.健康科学15:91-93,1993.
  • 24.金谷庄蔵,堀田昇,大柿哲朗,藤島和孝,正野和基,清水富弘,萩原博嗣,藤野武彦:   水中歩行心電図の試み.健康科学15:69-74,1993.
  • 25.堀田 昇,大柿哲朗,金谷庄蔵,藤野武彦,中島敏郎,馬渡志郎,筒井浩一郎:食事変容プログラムによる肥満治療システムとその効果 (第2報)-最大下運動時の呼吸循環応答の変化-:  第14回日本肥満学会記録:289-291,1993
  • 26.吉川和利,村津和正,藤野武彦,安田 稔   歯科機能の老化と体格・体力の関連度について-女子高齢者の場合-   広島体育学研究19:41-52,1993
  • 27.江島準一,劉開彦,馬渡志郎,福永充,丸山徹,加治良一,津田泰夫,金谷庄藏,藤野武彦:心拍トレンドパターンによる自律神経系機能評価-健常者と交感   神経亢進状態との比較-. 健康科学. 16:149-154,1994.
  • 28.真崎玲子,金谷庄藏,守田俊一,右田孝志,堀田昇,大柿哲朗,藤島和孝,丸山徹,加治良一,藤野武彦:健常成人における温水プール入水時の血行動態に及ぼす   影響-心エコー図法による検討-.健康科学17:109-114,1995.
  • 29.川崎晃一,伊藤和枝,上園慶子,藤野武彦,金谷庄蔵   九州大学学生の栄養摂取状況(第4報)-1年次と4年次の経年比較-   健康科学17:115-120,1995
  • 30.吉川和利,藤野武彦,安田 稔,仰木孝治,崔 勝旭,宇都宮弘子   食物嗜好が歯科機能に及ぼす影響:健康科学17:69-74,1995
  • 31.下田妙子,菅 淑江,斉藤 篤,藤野武彦,廸利 巴 ,王 静雄   中国新彊ウイグル自治区カシュガル市在住のウイグル人家庭の食生活   実態調査:民俗衛生62(1):23-32,1996
  • 32.江島準一,金谷庄蔵,丸山 徹,加治良一,津田泰夫,藤野武彦,仁保喜之:   多段階漸増運動負荷による赤球変形態の変化:   日本臨床生理学会雑誌26(4):217-222,1996
  • 33.金谷庄藏,大柿哲朗,江島準一,賀羽常道,丸山徹,加治良一,藤野武彦:   民間航空機における飛行中の機内気圧変化と動脈酸素飽和度変化に関する検討-(1)国内線の場合(予報)-.健康科学. 19:41-44,1997.
  • 34.平松伸一,丸山 徹,加治良一,金谷庄蔵,藤野武彦,仁保喜之,犀川哲典:   心筋梗塞急性期における自律神経動態と不整脈の関係:   循環器科41(6):605-608,1997
  • 35.永島隆一,車 忠雄,森 唯史,野崎雅彦,丸山 徹,加治良一,金谷庄蔵,藤野武彦,仁保喜之,佐伯和之:若年者の期外収縮に対するジルチアゼムと   ピルジカイニドの単独および併用効果:臨床と研究75(6):189-194,1998
  • 36.金谷庄藏,植田典浩,車忠雄,大柿哲朗,丸山徹,加治良一,藤野武彦:   民間航空機搭乗中の機内圧変化と乗客の病態生理学的変化に関する研究- (第5報)動脈血酸素飽和度と自律神経系の変動-:   健康科学,21:121-125,1999.

総説

  • 1. 村津和正、藤野武彦、柳川:歯牙の自律神経に及ぼす影響.日本歯科評論6:135-164,1991.
  • 2. 丸山徹、加治良一、金谷庄藏、藤野武彦、仁保喜之:循環器時間生物学. nano GIGA2:183-186,1993.
  • 3. 藤野武彦:壮年期の突然死を防ぐためには:よぼういがく23(3):3-19,1993
  • 4. 藤野武彦:健康と食生活の最前線からの報告「肥満治療の新しいコンセプトとその実際」. 健康と開発.29(1):9-12,1994.
  • 5. 藤野武彦、丸山徹、加治良一、金谷庄藏:突然死と過労死-その実際と対策-日本医師会誌.111(11):1849-1853. ,1994.
  • 6. 藤野武彦:医食同源の立場から.生研報告35:8-29,1994.
  • 7. 藤野武彦:湿気とバイタリティ.日本建築学会誌12:14-15,1994.
  • 8. 藤野武彦、金谷庄藏、加治良一、丸山徹:突然死とその予防の実際.Medical Practice11: 39-43,1994.
  • 9. 柏木征三郎、藤野武彦、石橋大海:超音波検査は聴診器にかわり得るか.臨床と研究71(11)175-183,1994.
  • 10. 藤野武彦:褐色細胞腫のCatecholamine Crisis によるカテコールアミン心筋炎;ST上昇を伴い激烈な胸痛で急発症した2例、岩崎孝一郎らに対するコメント.心臓29(1):61-62,1996.
  • 11. 藤野武彦:脳を知る.日本テクニカルアナリシス.83:15-25,1997.
  • 12. 藤野武彦:脳が疲れた子供たち.毎日・世論フォーラム会報. 12-13,1998.
  • 13. 藤野武彦:「脳疲労」そしてBOOCS.日本医事新報.89,1998.
  • 14. 藤野武彦:「脳疲労」そしてBOOCS:日本医事新報3869:89,1998.
  • 1. Shimoike E, Ohba Y, Yanagi N, Hiramatsu S, Ueda N, Maruyama T, Kaji Y, Kanaya S, Fujino T, Niho Y: Radiofrequency catheter ablation of left ventricular outflow tract tachycardia. Rev Series Cardiol 4: 8-11, 1999

資料報告書

  • 1. 藤野武彦:学生健診における心臓管系のチェックシステムの意義について   第20回九州地区大学保健管理研究協議会報告書:12-15,1990
  • 2. 藤野武彦:健康外来の基本理念.九州大学健康科学センター健康外来報告書3-37.1993.
  • 3. 藤野武彦:21世紀に向けていきいきした地域社会を創造する-春日市民健康度調査報告書(総集編)53-86,1993.
  • 4. 藤野武彦:健康度測定への血液レオロジーの新しい展開-新装置の開発と応用-.健康科学研究1:10,1993.
  • 5. 大柿哲朗、堀田昇、斎藤篤司、小宮秀一、金谷庄藏、藤野武彦:“成人病因子の個人内変動に関する研究ー血圧関連要因について ”,&朝と夕の運動負荷に対する血圧応答に関する生理・生化学的検討.九州大学健康科学センター編.11-18,1993.
  • 6. 斎藤篤司、大柿哲朗、堀田昇、小宮秀一、金谷庄藏、佐々木悠、藤野武彦:運動負荷漸増に対する正常血圧者と高血圧者の血圧応答の違い.九州大学健康科学センター特定研究報告書.3-10,1993.
  • 7. 森田加代子、藤野武彦、橋本公雄:アンケート調査からみた子供達の食と心身の健康.健康科学研究2(1):15,1994.
  • 8. 藤野武彦:地域の健康ー久山モデルの構築と連携.第8回大学開放の在り方に関する研究報告書:16-23,1996.
  • 9. Fujino T.:Principle of Pleasantness:Its Application for Obesity Control System“BOOCS”.Third International Congress on physiological Anthropology.19-20,1996.
  • 10. 藤野武彦: BOOCSー新たな肥満治療コンセプト.第27回九州地区大学保健管理研究協議会報告書. 41-42,1997.

著書

  • 7.藤野武彦:職業に貴賎なく寿命に差あり. 長生きの話. 技法堂出版(佐藤方彦編):23-29,1990.
  • 8.藤野武彦:新彊の医学・人類学.ウイグル-その人々と文化. 朝日新聞社(権藤与志夫編):243-274,1991.
  • 9.藤野武彦:膠原病に伴う心疾患.今日の循環器疾患治療指針.医学書院(細田瑳一編):553-556,1992.
  • 10.藤野武彦:九州大学新彊ウイグル自治区少数民族考察団報告-医学・人類学調査班-.シルクロード-文明交流の過去・現在・未来. アイネック学術出版(権藤与志夫編):83-90,1993.
  • 11.藤野武彦:突然死とその予防の実際Medical Prectice 日常診療における患者指導ガイド:臨時増刊号11(共著):39-43,1994
  • 12.藤野武彦:BOOCS 肥満治療の新たなるコンセプト. (株)ヘルス・リサーチ・インターナショナル(単著),1996.
  • 13.藤野武彦:BOOCS のためのガイドマニュアル.(株)ヘルス・リサーチ・インターナショナル(単著),1996.
  • 14.藤野武彦:驚異の“天然つぼ酢”. 講談社(単著),1997.
  • 1. Maruyama T, Hiramatsu S, Otsuka S, Odashiro K, Kishikawa T, Ohnishi Y, Yanagi N, Ejima J, Kaji Y, Kanaya S, Fujino T, Niho Y: Contrasting effects of acute and chronic amiodarone on myocardial conduction slowing. In: Liebman J (ed): Electrocardiology '96: From the Cell to the Body Surface. pp 285-290, World Sci, Singapore, 1997
  • 15.藤野武彦:BOOCSー至福のダイエット革命.講談社(単著),1998.
  • 16.藤野武彦:第五章 肥満の常識・非常識.ヘルスサイエンス-こころとからだ-. 西日本新聞社(健康科学センター編):104-126,1998.
  • 17.藤野武彦:BOOCS DIET.NECメディアプロダクツ,1999.

症例報告

  • 2. 下池英明,大庭百合賀,柳統仁,大塚祥司,大西康,平松伸一,岸川敏介,植田典浩,野崎雅彦,丸山徹,加治良一,仁保喜之,金谷庄蔵,藤野武彦: 撃発活動によると考えられた左室起源の特発性心室頻拍.    不整脈 14: 344-348, 1998

ページの先頭へ