藤野武彦について

  1. TOP
  2. 藤野武彦について

藤野武彦

九州大学名誉教授
医療法人社団ブックス 理事長
(株)レオロジー機能食品研究所 代表取締役
(株)藤野ブレインリサーチ 代表取締役
一般社団法人プラズマローゲン研究会 臨床研究部代表
一般社団法人BOOCSサイエンス 代表理事

  • 九州大学医学部卒業(1964年)
  • 九州大学大学院医学研究科博士課程内科系修了(1969年)

1938年 福岡生まれ。

九州大学名誉教授。医学博士。九州大学医学部卒業以来、九州大学医学部第一内科において、内科とくに心臓・血管系の病気の研究を行う。
また、九州大学健康科学センターが開設されたのを契機に、「健康科学」という新しいサイエンスに挑戦。その成果の一つとして1991年に「脳疲労」概念を提唱。実際に「脳疲労」を解消し脳を活性化する手法であるBOOCS(脳指向型自己調整システム)理論を創出した。この「脳疲労」仮説に基いたBOOCS法は新たな生活習慣病(メタボリック症候群)の予防および治療法としても、その成功率の高さからマスコミで大きく取り上げられる事となった。

九州大学退官後は、医療法人社団ブックス理事長として BOOCS理論を取り入れた診療を行っている。
一方、レオロジー機能食品研究所 (農水省生物系特定産業技術研究推進機構設立)を1995年に設立。 
その所長として「医食同源」を科学しつつある。さらには、子ども達の「脳疲労」とアレルギー疾患の増加を懸念し、2011年NPO法人「ブックスサイエンス」を各分野の活動家と共に設立。2017年一般社団法人「BOOCSサイエンス」として新たにスタート。

主な職歴

1976年 九州大学医学部第一内科講師(脳-心臓相関に関する研究)
1987年 九州大学健康科学センター助教授(心身相関、ポジティブヘルス、統合医学に関する研究)
2000年 九州大学健康科学センター教授(同上)
2002年 九州大学名誉教授、(株)レオロジー機能食品研究所所長(医食同源の科学化)
2003年 医療法人社団ブックス BOOCSクリニック福岡開設 理事長(「脳疲労」解消法の医療現場での応用)
2005年 BOOCSクリニック東京開設(同上)
2010年 (株)藤野ブレインリサーチ設立 代表取締役(「脳疲労」関連事業、新規機能性物質の製造と販売)
2011年 一般社団法人BOOCSサイエンス設立 代表理事(BOOCSでつなぐ医療・教育・食育ネットワーク)
2014年 一般社団法人プラズマローゲン研究会設立 臨床研究部代表。(プラズマローゲンの基礎的、臨床的研究)

主要実績

1976~2002年 九州大学医学部在職中の業績。

【主要な業績】
  1. 「Catecholamine Cardiopathy」という新概念を提唱し、ストレスホルモンによる脳機能障害、心機能障害の発症メカニズムを明らかにした。
  2. 心拍変動パターンにより自律神経機能異常の診断を可能にする方法を世界で初めて開発した。
  3. 心臓の超音波診断の分野でWPW症候群等その他、世界で初めての発見を多数行った。
1979年 シルクロード日中合同調査(医学研究班代表)
1990年 九州シルクロード協会設立。理事(シルクロード研究成果の市民への還元)
1991年 「脳疲労」(Brain fatigue)概念の提唱
1993年 メタボリック症候群(肥満、糖尿病、高脂血症、高血圧)を有する福岡県某職員共済組合4,142名を対象に「脳疲労」解消法(BOOCS法)を指導してその効果を検証した。その後の15年間の追跡調査の結果、「脳疲労」解消法を行った群(2,307名)は、行わなかった対照群(1,835名)に比べ、統計的に有意にメタボリック症候群が改善すると共に、全死亡率、癌死亡率が半減した(JOEM , 57, 3, 2015)。
1995年 レオロジー機能食品研究所設立(藤野武彦のプロデュースにより「医食同源」を科学する事を目指して農林水産省と民間企業とが合同出資)。
本研究所は設立後、レオロジー(赤血球変形能)検査法の開発と食物から数多くの新規機能性物質を発見し続けている。

【主要な業績】
  1. 緑茶を独自の方法で発酵させる事により新たな風味ある発酵茶を完成し、それが、メタボリック症候群において緑茶には見られない著明な効果を示す事を動物と人で証明した。さらに、この発酵茶から新規ポリフェノールを発見し、その化学構造式も同定した。
  2. 種々の生物からプラズマローゲンを大量に抽出する事に世界で初めて成功した。さらにそれが動物、人でアルツハイマー病に有効であることを実証した。
  3. 羽毛より新規発毛物質(CG)を発見した。
1996年 総務省の国家プロジェクトとして藤野の提案する健康コンセプト「脳疲労解消プログラム」が採択され、施設として「ヘルスC&C(Check & Care)センター」が福岡県久山町に建設された。その中心概念は「脳疲労」のチェックとケアである。
2003年 医療法人社団ブックス BOOCSクリニック福岡開設。「脳疲労」概念とその解消法(BOOCS法)を肥満、糖尿病、高脂血症、高血圧、うつ病、認知症、がんなどへの臨床応用を開始。
2005年 BOOCSクリニック東京開設
2010年 株式会社藤野ブレインリサーチ(FBR)設立。 その主要事業は「脳疲労」診断システムの開発と販売、レオロジー機能食品研究所で開発された新規機能性物質の人での医学的評価及び製造・販売である。
2011年 一般社団法人BOOCSサイエンス設立。医療・教育・食育をネットワーキングし、人々の「脳」を元気にする新たな場作り、幼稚園と元気な老人とを繋ぐ老稚園作りを目指す。
2014年 プラズマローゲン研究会を設立し、プラズマローゲン研究において世界の最先端の研究を行っている。
2016年 九州大学医学部大学院に寄付講座(加齢病態修復学講座)を開設し、「脳疲労」と「プラズマローゲン」の分子レベルの生理学的研究を開始した。
2019年 プラズマローゲン国際学会設立予定

研究業績

論文

2019年

  • J Alzheimers Dis Parkinsonism 9: 474, 2019
    Effects of Plasmalogen on Patients with Moderate-to-Severe Alzheimer’s Disease and Blood Plasmalogen Changes: A Multi-Center, Open-Label Study. Takehiko Fujino, Tatsuo Yamada, Shiro Mawatari, Naotaka Shinfuku, Yoshio Tsuboi, Chikako Wakana, Suminori Kono.

2018年

  • J Alzheimers Dis Parkinsonism 8: 419, 2018
    Effects of Plasmalogen on Patients with Mild Cognitive Impairment: A Randomized, Placebo-Controlled Trial in Japan. Takehiko Fujino, Tatsuo Yamada, Takashi Asada, Midori Ichimaru, Yoshio Tsuboi, Chikako Wakana and Shiro Mawatari.

  • Practical Laboratory Medicine 10:44–51, 2018
    Enzymatic measurement of ether phospholipids in human plasma after hydrolysis of plasma with phospholipase A1. Shiro Mawatari, Seira Hazeyama, Tomomi Morisaki, Takehiko Fujino.
     
  • Cardiology and Angiology: An International Journal 7: 1-11, 2018
    Plasma and Erythrocyte Membrane Plasmalogens in Patients with Coronary Heart Diseases Undergoing Percutaneous Intervention.Takeshi Arita, Taku Yokoyama, Shohei Moriyama, Kei Irie, Mitsuhiro Fukata, Keita Odashiro, Toru Maruyama, Seira Hazeyama, Shiro Mawatari, Takehiko Fujino and Koichi Akashi.

 

2017年

  • EBioMedicine 17: 199–205, 2017
    Efficacy and Blood Plasmalogen Changes by Oral Administration of Plasmalogen in Patients with Mild Alzheimer's Disease and Mild Cognitive Impairment: A Multicenter, Randomized, Double-blind, Placebo-controlled Trial. Takehiko Fujino, Tatsuo Yamada, Takashi Asada, Yoshio Tsuboi, ChikakoWakana, Shiro Mawatari, Suminori Kono.

  • MEMBRANE 42: 242-249, 2017
    Plasma and Erythrocyte Membrane Plasmalogen Diminished in Severe Atherosclerotic Patients Undergoing Endovascular Therapy. Hirotaka Noda, Shohei Moriyama, Kei Irie, Kazumasa Fujita, Taku Yokoyama, Mitsuhiro Fukata, Takeshi Arita , Keita Odashiro,Toru Maruyama, Shiro Mawatari , Takehiko Fujino, Koichi Akashi.

学会発表

  • 第 23 回世界神経学会議(WCN2017)/ 第 58 回日本神経学会学術大会2017年 9 月 16 - 21 日(京都)
    Effectiveness of blood plasmalogen in differentiation among mild cognitive impairment, mild Alzheimer's disease and normal elderly. Shinji Ouma, Shiro Mawatari, Yoshio Tsuboi, Tatsuo Yamada, Takashi Asada, Chikako Wakana, Takehiko Fujino.

  • 17th International conference on Neurology & Neuroscience. October 16-18, 2017 (Toronto, Canada)
    Efficacy and Blood Plasmalogen Changes by Oral Administration of Plasmalogen in Patients with Alzheimer’s Disease. Takehiko Fujino, Toshihiko Katafuchi, Shiro Mawatari,

  • 第36回日本認知症学会学術集会2017年 11 月 24-26 日(金沢)
    ホタテ・プラズマローゲンの中等度、重度アルツハイマー病への効果と血中濃度の変化. 市丸みどり、馬渡志郎、新福尚隆、安松聖高、若菜智香子、斉藤和之、藤野武彦

総説

  • 藤野武彦、馬渡志郎、片渕俊彦:プラズマローゲン. 認知症と機能性食品-最新動向とその可能性p162-166, 2018
  • 藤野武彦:プラズマローゲンと認知機能障害(認知症)そして「脳疲労」. 機能性食品と薬理栄養p300-306, 2016

シンポジウム

  • The 1st International Plasmalogen Symposium. November 7-8, 2016 (Fukuoka, Japan)
    Efficacy and safety of plasmalogen extracted from scallop in patients with mild cognitive impairment and mild Alzheimer’s disease: a randomized, double-blind, placebo-controlled trial. Takahiko Fujino, Tatsuo Yamada, Takashi Asada, Yoshio Tsuboi, Chikako Wakana, Shiro Mawatari, Suminori Kono.